会社やお店を運営していくためには、従業員が必要となり、その従業員がきちんと働いているかなどをチェックするための方法を勤怠管理といいます。勤怠管理をきちんとすることによって、従業員が会社やお店のためにきちんと働いているのかなどをチェックすることができるため、人による確認だけではなく、書面やシステムによってきちんとした記録をつけることが重要となります。勤怠の管理の方法には、主にタイムカードと呼ばれる方法が多く利用されており、出勤した時間から退勤した時間をカードに記入することができるので、従業員の方が一何時まで働いていたかをチェックすることができるので、賃金の計算をすることができたり、勤務日数などを確認することができ、最近ではタイムカードだけでなくICカードを使ったり社員証によって勤務時間などを記録することができるシステムを使う会社などもふえてきており、勤怠管理をきちんと行っている事業所も増えてきています。

勤怠管理はエクセル等の表計算ソフトで

大企業の基幹システムであれば別ですが、中小企業において、勤怠管理をするために業務支援システムを導入するというのは、少々大げさ過ぎるかもしれません。実際には、エクセル等の表計算を利用するだけで十分です。表計算ソフトには、時間計算が簡単にできる関数等も用意されていますので、そうした関数と、様々な例外に対応するためのIF関数を把握さえすれば、誰にでも簡単に作ることができるでしょう。他にもいくつか関数を覚えておけば、かなり便利に使いこなすことができる勤怠管理表を作ることができますが、そこまでしなくても実用性は十分にあるものができます。どちらかと言えば、システムそのものよりも、どういったフォーマットで管理部門に提出するのかというような、業務ルールを徹底することの方が重要です。それさえ徹底できれば、表計算でも十分と言えます。

勤怠管理を行う方法について

勤怠管理も今はオンラインで簡単に行うことができるようになっています。パソコンが稼動をしている時間での管理ともなってくるので正しい勤務時間をチェックすることが可能です。中にはタイムカードやタイムシートで管理をしているようなところもありますが、その場合には給与計算のミスも起きる可能性があります。ですからオンラインで一括をした管理を行うことができれば便利です。特に本社などの人事部や総務部で一括をして給与計算の管理を行っている場合には、そのデータを早急に受け取ることが出来るので、仕事もスムーズに行うことが可能です。オンラインで行うとどうしても情報漏えいの可能性が出てきてしまいますが、最近ではセキュリティー管理もしっかり行うことができるので安心をして利用をすることが出来ます。間違いはあってはならないので、管理しやすい方法を導入することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です